検索

企業情報

Home > 企業情報 > 会社沿革・受賞歴

企業情報

会社沿革・受賞歴

会社沿革

1933

昭和8年

創業者宮脇旋太郎、大阪市西区にて機械工匠具、宮脇商店を創業

1937

昭和12年

「M」印バルブを発売

1949

昭和24年

圧力差を利用する特許、宮脇式デュープレックス・スチームトラップF型を発売

1950

昭和25年

同スチームトラップR型を発売

1953

昭和28年

株式会社宮脇式スチームトラップ製作所を設立。本社・工場を大阪市西区立売堀に移転

1955

昭和30年

東京営業所、名古屋営業所を開設

1957

昭和32年

本社・工場を大阪市西区千代崎町に移転。ディスク式スチームトラップS型を発売

1958

昭和33年

宮脇精機興業株式会社を設立

1962

昭和37年

西ドイツDr.Domnick&K.Schroederとの技術提供によるバイメタル式スチームトラップB型を発売

1965

昭和40年

高温・高圧用ポップバイメタリックスチームトラップC型を発売。(温調トラップの原型)

1968

昭和43年

ボールフロート式スチームトラップG型を発売

1969

昭和44年

本社・工場を大阪市淀川区田川北に移転(現在地)
下向きバケット式 スチームトラップ ER型を発売

1973

昭和48年

省エネ型温調トラップTB2型を発売

1976

昭和51年

初代社長、宮脇旋太郎逝去。宮脇惟輔、社長就任

1977

昭和52年

下向きバケット式 スチームトラップ ES8型を発売

1981

昭和56年

ラジエータトラップW型を発売

1982

昭和57年

BVMI(英国)にスチームトラップの技術輸出
蒸気用直動式減圧弁RE1型の発売。スチームトラップ診断器STC-01型を発売

1984

昭和59年

ITT(米国)と販売提携、米国市場進出

1986

昭和61年

CIを導入し、株式会社ミヤワキ社名変更
小型・軽量マイクロベローズ式パイロット作動形減圧弁RE10型を発売
温調トラップTB3・TB5型を発売

1987

昭和62年

超小型・軽量マイクロベローズ式パイロット作動形減圧弁RE3型を発売。高圧用温調トラップTB51・TB52型発売

1988

昭和63年

神戸鐵夫、社長に就任
蒸気用セパレータH3型を発売

1989

平成元年

ボールフロート式スチームトラップG11・G12型、及びエアトラップAG11・AG12型を発売 ディスク式スチームトラップS31N型を発売 温調トラップTB8・TB8B型を発売。感温弁TR1型を発売(形状記憶合金使用)

1990

平成2年

ディスク式スチームトラップS51N型を発売
凍結防止弁F1型を発売
ボールフロート式スチームトラップG15型を発売

1991

平成3年

海外法人ミヤワキGmbHをドイツベルリンに設立
高温遮断システムMS1型を発売

1992

平成4年

ウォータハンマ防止弁CV10型を発売
インラインチャッキCV2型を発売
蒸気瞬間給湯機ハウコンを発売

1993

平成5年

ISO9002認証取得(本社・工場)

1994

平成6年

蒸気用直動式減圧弁RE2型を発売

1996

平成8年

携帯マシンチェッカPM10型を発売

1999

平成11年

ダイヤフラム式スチームトラップDF1型を発売

2001

平成13年

ISO14001認証取得(本社・工場)
スチームトラップ診断・管理Dr.Trap PM301型を発売
自力式の蒸気瞬間給湯機HDを発売

2003

平成15年

ISO9001認証取得(本社・工場)
スチームトラップ診断・支援システムDr.Trap Jr. PM15を発売

2004

平成16年

蒸気瞬間給湯器QuickHot LM15を発売

2005

平成17年

逆止弁CX1型を発売
蒸気用直動式減圧弁REC1型
サイトグラスT3型、温調トラップTB7型
ディスク式スチームトラップSC31型
バイパス弁付ダイヤフラム式スチームトラップDV1型発売

2006

平成18年

温調トラップTBC2型を発売

2007

平成19年

温調トラップTB9型を発売
蒸気瞬間給湯器QuickHot LM15-Ⅱ型、LH15型を発売

2008

平成20年

ボールフロート式スチームトラップGC20型を発売
逆止弁CV2C型を発売

2009

平成21年

宮脇健輔、社長就任
ポンピングトラップGLP31型
ボールフロート式スチームトラップGH50型
ボールフロート式スチームトラップGTH12型
ソフトシール逆止弁CV5R型を発売

2010

平成22年

ボールフロート式スチームトラップGH40型を発売

2011

平成23年

ディスク式スチームトラップS55H型を発売
ディスク式スチームトラップS55N型を発売
ボールフロート式エア(ガス)トラップAGH12型を発売

2012

平成24年

温調トラップTB7N型を発売
温調トラップTB9N型を発売
エアベントAT9N型を発売

2013

平成25年

逆止弁CVC3型を発売
ボールフロート式エア(ガス)トラップAGH50型を発売
中国江蘇省に無錫事務所を開設

2014

平成26年

高圧用温調トラップTBH型発売
ポンピングトラップGL11型発売
滅菌器専用DC2R型発売

2015

平成27年

蒸気瞬間給湯器LM15-Ⅲ型発売

受賞歴

1950

昭和25年

大阪市優秀発明考案表彰良賞を受賞

1953

昭和28年

大阪府知事より発明功労賞を受賞

1955

昭和30年

社団法人発明協会より優秀賞受賞

1960

昭和35年

宮脇旋太郎、紫綬褒章を受章

1975

昭和50年

化学プラントショー、CPアイデア賞を受賞(温調トラップTB型)

1977

昭和52年

省エネルギー展、省エネルギー優秀製品賞を受賞(温調トラップTB型)

1978

昭和53年

省エネルギー展、省エネルギー優秀製品賞を受賞 (下向きバケット式スチームトラップES型)

1980

昭和55年

省エネルギー展、省エネルギー優秀製品賞を受賞(下向きバケット式スチームトラップER型)

1981

昭和56年

日本機械工業連合会、昭和55年度優秀省エネルギー機器賞を受賞(温調トラップTB10、11型)

1981

昭和56年

省エネルギー展、省エネルギー優秀製品賞を受賞(温調トラップTB1型)

1984

昭和59年

省エネルギー展、省エネルギー優秀製品賞を受賞(スチームトラップ診断器STC-011型)

1987

昭和62年

省エネルギー展、省エネルギー優秀製品賞を受賞(マイクロベローズ式パイロット作動形減圧弁RE10型)

1988

昭和63年

日本機械工業連合会、昭和62年度優秀省エネルギー機器賞を受賞(超小型・軽量マイクロベローズ式パイロット作動形減圧弁RE3型)

1990

平成 2年

省エネルギー展、省エネルギー優秀製品賞を受賞(感温弁TR1型)

1991

平成 3年

省エネルギー展、省エネルギー優秀製品賞を受賞(ミキシングバルブMX1型)

1992

平成 4年

省エネルギー展、省エネルギー優秀製品賞を受賞(ウォータハンマ防止弁CV10型)

1993

平成 5年

ENEX'93省エネルギー優秀製品賞を受賞(蒸気瞬間給湯機ハウコン)

1994

平成 6年

ENEX'94省エネルギー優秀製品賞を受賞(バイパス回路内装トラップBIS1型)

2002

平成14年

日本機械工業連合会、平成13年度省エネルギー優秀機器会長賞を受賞(スチームトラップ診断・管理システムDr.Trap PM301型)